2017年1月30日から東京都心部のタクシー初乗り料金が410円に値下げされます。しかし、この初乗り料金値下げには注意が必要のようです・・。

ニュースなどの報道を見ると、どうやら長距離は損で、ちょい乗り(短距離)はお得になると報じられています。では、損得の境界線(距離)は、いったい何キロなんでしょうか?

私は都心のタクシーを利用する機会も多いので、念のために調べてみたいと思います!

 

Sponsored Link

タクシー初乗り料金値下げに注意!

日本では、そもそもタクシーの「運賃」や「台数」について、道路運送法等の法律で国(国土交通省)が規制をおこなっています。

規制をおこなう主な理由は、”タクシー事業の労働条件の悪化を防ぐため”という大義名分があるようですが、私たち利用者にとっては、どんどん安くなった方がタクシーを利用する機会が増えて便利です。

今回、2016年に国土交通省が発表した、タクシーの初乗り運賃を見直す法案により、タクシー初乗り料金値下げが実施されました。一見、料金が料金が安くなったように感じた筆者は喜んでしまいましたが、どうやらこれにはカラクリがあるようです・・。

 

  • 1.7kmまでは、これまでより安くなる
  • 1.7km~6.5kmまでは、場合によって変わる
  • 6.5km以上は新料金が高くなる

 

どうやら、1.7kmと6.5kmに境界線があり、そこが損得のポイントとなるようですね。タクシーの初乗り料金が安くなったからといって、長距離を利用する際には注意が必要ですね。

 

タクシー初乗り料金値下げ、長距離は損?

タクシーの初乗り料金は値下げされたものの、距離と料金の関係を見ると長距離利用の人は逆に値段が上がってしまう料金体系になっているのは間違いないようです。

交通機関の中でもタクシーは距離換算で料金が高いので、長距離の移動をする人にとっては、残念な料金体系となってしまいましたね。どうやら長距離料金が上がることに異議を唱えている人も多いようですが、私の場合、長距離移動でタクシーを利用しようとは思わないので、あまり関係のないことです。

タクシーで長距離を移動する人には迷惑な話しでしょうが、長距離を利用する人はお金持ちの方が多い?と思うので、少しぐらいの料金値上げは気にしていないかもしれませんね。

 

タクシー初乗り料金値下げ、ちょい乗りはお得?

今回のタクシーの初乗り料金値下げで、ちょい乗りは断然お得になったと思います!

電車で1駅2駅くらいの距離であれば、今後はタクシーを利用する人が増加すると思います。歩いて電車の駅まで行って、混雑した電車に乗り、駅から目的地までまた歩いて到着するよりも、タクシーで一気に移動した方が断然便利です。時間的にも、身体の負担的にもタクシー利用の方がいいと思う方が多いのではないでしょうか?

私も近距離移動が多いので、タクシーの初乗り料金の値下げは、とても便利になると思っています。これからは、ちょい乗りで、どんどんタクシーをお得に利用していきたいと思います。

 

まとめと感想

タクシー初乗り料金値下げに注意!長距離は損で、ちょい乗りはお得?についてご紹介してきました。

タクシーの初乗り料金が値下げされましたが、どうやら距離によって、これまでの料金体系との損得があるようです。新料金は、どちらかというと長距離(6.5km以上)は損で、短距離(1.7km)がお得になっているようです。

長距離料金が高くなったことに注目が集まっていますが、私のようにこれまでタクシーの長距離利用があまりない人にとっては、短距離利用の恩恵を受ける効果が大きそうです。

タクシーの初乗り料金値下げが、タクシー業界を活性化し、私たち利用者も嬉しい制度になるといいですね。どんどんちょい乗りして、お得にタクシーを活用していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。