トレイルランニングが最盛期を迎える季節は夏から秋です。

各地でいろいろな大会が開催され、初心者も上級者も多くの人たちがトレイルランニングを楽しみます。

日本の四季の中で1番暑い夏は、やはり「暑さ」や「日差し」を防ぎ、できるだけ快適に走れるようなウエア選びと、十分な水分を確保することが重要です。

30代♂30代♂

暑さで、脱水症状には要注意!快適なウエアや水分補給方法は慎重に選びたいね。

夏のトレイルランニングにおすすめの装備品や持ち物、グローブやパンツの選び方についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

トレイルランニング夏におすすめの装備品や持ち物

夏のトレイルランニングの特徴は、やはり「暑さ」や「日差し」です。

そのためウエアや装備品には、それらを和らげる工夫が必要です。

さらに走る距離が長くなるので、後半にバテないためにも水分の確保が重要なテーマになります。

水分は重量や容量が大きいため、環境によっては、装備品を使用し現地の川で水分補給をするなど工夫も必要になっていきます。

さらに、山の中をより快適に走るために「虫除け対策」も忘れずに準備してください。

暑さや日差し対策

  • 冷感素材のウエア(上下)
  • サングラス
  • サンバイザー
  • アームカバー
  • ネックカバー

を着用することで、かなり快適に走ることができます。

ポイントは冷感素材のウエアを選ぶこと。冷感素材のウエアは裸でいるよりも涼しいとされているため、とても快適です。

女性は、変な日焼けを防ぐために中途半端な装備をせず、徹底的に肌の露出を減らしましょう。

また、黒いウエアは汗が乾くと白くなるので要注意です。夏は、光を吸収しにくい「白っぽい色のウエア」を着ることをおすすめします。

水分を確保する方法

  • ハイドレーションパック
  • 小銭を持つ
  • SUICAなどの電子マネーを持つ

初心者向けの短いコースでは、コンビニなどでお手軽に購入可能できる、パック飲料がおすすめです。

中級・上級者コースでは、ハイドレーションパックで容量を確保し、いつでも好きなタイミングで水分補給ができるようにしておきます。

また、コース内に自動販売機やコンビニなどがある場合には「小銭」を持っておくといいでしょう。

SUICAなどの電子マネーがあれば、重さを気にすることなく携帯できますね。(使用可能かどうか下調べが必要)

また水分は十分でも、塩分不足になると「頭痛」と「吐き気」の症状が出ることがあるので、水分補給と同様に塩分補給もしっかりおこないましょう。

虫除け対策

  • 虫除けシール
  • 虫除けスプレー
  • 虫除けクリーム
  • 虫除けリング

コンビニなどでも手軽に手に入る、虫除けスプレー・クリームが便利です。

しかし、夏のトレイルランニングでは「日焼け止め」を塗ることを考えて、虫除けシール・リングでも十分に代替え可能です。

また、筆者の個人的な感覚では、虫除け対策の効き目には意外と効果の差があるように思います。

そのため、虫刺されが嫌な人は、虫除けシール・リング併用することもおすすめです。

トレイルランニング夏におすすめのグローブの選び方

どんなコースであれ、トレイルランニングに挑戦する場合は、グローブは必需品です。

  • 走路の木などの障害物を掴む役割
  • 転倒時には手の怪我を防ぐ役割

しかし、暑い夏場のトレイルランでは出来るだけ薄手のものを選びたいものです。

夏のトレイルランニングで使用するグローブの選び方のポイントをご紹介します。

通気性の良い素材

少しでも快適にするために通気性の良いメッシュ素材のものを選ぶことをおすすめします。

計量のメッシュ素材とはいえ、手のひらの部分にはクッションが入っているものもあり、転倒時の怪我からもしっかりと守ってくれます。

春夏用のグローブは、軽量でお洒落なカラーも豊富に販売されており、ウエアに合わせてコーディネートを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

グローブの形状

夏におすすめなのが、オープンフィンガータイプなど大胆な形状のグローブです。

オープンフィンガータイプは、名前の通り指先がグローブで覆われていないため、圧迫感がありません。

また、手の甲にカバーが収納されているタイプもあり、急な冷えや雨が降った場合には、そのカバーを装着することにより指先の冷えを防ぐこともできます。

最近では、手のひら部分など、場所によって大胆に開いているものもありますので、自分に合ったグローブを探してみるのも楽しいかもしれません。

Sponsored Link

トレイルランニング夏におすすめのパンツの選び方

夏のトレイルランニングでは「吸収速乾性」の高い素材のパンツが最適です。(Tシャツも同様)

ズボンの長さは、気温やコースによってロングパンツとハーフパンツを使い分けると良いでしょう。

筆者の経験では、ロングタイツとハーフパンツの組み合わせが最もおすすめです。

ロングタイツの足のサポート機能が、過酷なトレイルランニングのダメージを軽減してくれます。

さらに(少し手間にはなりますが)、履いたり脱いだりすることで、体温調節や気分転換をするとこができます。

30代♂30代♂

ロングタイツの価格は高いけど、1枚は持っておきたいアイテムだね!

さいごに

夏のトレイルランニングにおすすめの装備品や持ち物、選び方のポイントをご紹介してきました。

夏のトレイルランニングの特徴は、やはり「暑さ」と「日差し」をどう克服するかにかかっていると言っても過言ではありません。

少しでも快適に走れる装備品や持ち物、ウエアを選んでくださいね。