あなたが持っている昔のソフトバンクiPhoneが復活するかもしれません!

日本通信株式会社が、ソフトバンクと相互接続協定書を締結し、2017年3月22日から格安simの提供を開始します。

そこで、格安simの「料金プラン」や「種類(対象機種)」はどうなるのでしょうか?

 

Sponsored Link

昔のソフトバンクiPhoneが復活!

これまで、ソフトバンクのiPhoneは格安simを利用することができませんでした。

なぜなら、これまでソフトバンクの回線を使って格安simを提供する会社(※MVNP)がなかったためです。

それが今回、日本通信株式会社の奮闘?で、ソフトバンクとの相互接続に合意し、今後の格安simの提供が決まりました。

 

正に、「昔のiPhoneが家に眠っているよ。」という人には朗報です!!

 

ちなみに、ドコモ回線は多くのMVNOがあり、特におすすめのMVNPは以下の5社

  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • IIJmio(みおふぉん)
  • OCNモバイルONE
  • DMMモバイル

 

au回線では、全部で4社のMVNPがあります。

  • mineo(マイネオ)
  • UQ mobile(UQモバイル)
  • fiimo(フィーモ)
  • IIJmio(みおふぉん)

 

ドコモやauでは、既に多くのMVNPの会社があり、サービスや価格で競争しているため、とても料金が安くなっています。

今回、ソフトバンクは日本通信会社のみの参入・スタートになりますが、まずはソフトバンクiPhoneへ格安simの提供が始まった事は、大きな一歩と言えますね。

では実際に、格安simの使用ができるようになる種類(対象機種)について見ていきましょう。

 

MVNPとは?

MVNPとは、英語で「Mobile Virtual Network Operator」と表記します。

和名は、仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ)です。

自社で無線通信回線設備を持たず、移動体通信サービスをおこなう事業者のこと。

つまり、通信事業に必要なハード面の設備を持たず、ソフト面の運用のみを行う会社のことです。

 

ソフトバンクで格安simに変更可能な対象機種

2015年5月にsimロック解除が国によって義務化されました。そこで現在でも、ソフトバンクショップなどでsimロック解除すれば、使用可能なソフトバンクのiPhoneはあります。それが、以下のモデルです。

 

  • iPhone7Plus
  • iPhone7
  • iPhoneSE
  • iPhone 6S Plus
  • iPhone6S

 

ソフトバンクで格安simに変更不可能な対象機種

そして注目なのが、今回の日本通信株式会社が扱う格安simで使用可能になるiPhoneの対象機種です。(現在はまだ明確に示されていませんので、予定で表示します)

 

  • iPhone6Plus
  • iPhone6
  • iPhone5s
  • iPhone5c
  • iPhone4s
  • iPhone3GS
  • iPhone3G

 

これまでのドコモやauの前例を考慮すると、非常に多くの種類のiPhoneが対象になりそうな予感がしますね。

筆者宅にも「iPhone4s」「iPhone5s」が眠っているので、期待しているところです。

まだまだ元気なiPhoneを、回線の都合で使用できないのは非常に「もったいない」ことですね!

 

ソフトバンクiPhoneの格安SIMの料金プランや種類は?

日本通信会社による、昔のソフトバンクiPhoneへの格安simの提供が開始されます。

 

しかし、現在のところまだ明確な料金プランや種類は発表されていません。

 

おそらく、すでに格安simの運用をしているドコモやauより安い料金になるとは考えられませんが、それでも大いに期待するところではありますね。

発表され次第、内容を更新したいと思います。

 

昔のソフトバンクiPhoneは、なぜ格安simを提供しなかったのか?

ところで、なぜ昔のソフトバンクiPhoneには、格安simを提供しなかったのでしょうか?

 

これはソフトバンク自体に原因があると考えられます。

 

スマートフォン・携帯電話の通信回線の自由化を進める国に対して、どちらかというと自由化に消極的な携帯会社。

国が2015年5月にSIMロック解除を義務化したことで、一気に自由化へと流れができ、ドコモやauは自社の回線をいち早くMVNP会社へ提供しました。

そのため、ドコモやauのユーザーは格安simの恩恵を得ることができました。

 

しかし、ソフトバンクだけがMVNPへの回線提供が遅れたため、2017年まで昔に契約したソフトバンクiPhoneで格安simの使用ができなかったのです。

どんどん新しい機種が出るスマートフォンで、正直このタイミングで昔のiPhoneを使用できるとなっても、私たちユーザーのメリットは少ないですよね・・。

 

まとめと感想

昔のソフトバンクiPhoneが復活するかもしれない!格安SIMの料金プランや種類について、ご紹介してきました。

「まだまだ高止まりしている!」と言われている、日本の情報通信分野の自由化・低料金化はどんどんやってほしいと思います。

 

そう言えば、2017年1月から、都内のタクシー料金も値下げがおこなわれましたね。

【関連記事】タクシー初乗り料金値下げに注意!長距離は損で、ちょい乗りはお得?

電気・ガスなども、自由化・低料金化で、どんどん便利になってほしいものです。

 

あなたの家に、昔の眠っているソフトバンクのiPhoneはありませんか?

ソフトバンク、日本通信株式会社に期待しましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。