定期的に健康診断を受けていますか?久しぶりに受けると、何か悪いところが見つかるのではないかとドキドキしますよね?

その健康診断時に、いろいろな数値がある中でもよく聞くのが「コレステロール値」。実は、このコレステロール値が高いと、『脂質異常症』の可能性があるのです。

『脂質異常症』の原因や、招いてしまう病気にはどのようなものがあるのでしょうか?また、自己判断の方法はある?

『脂質異常症』の予防や改善に効果のある食事療法などについてご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

脂質異常症とは?自己診断の方法は?

『脂質異常症』とは、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、異常に増えた状態をいいます。以前は『高脂血症』と呼ばれていましたので、名前を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

いわゆる『ドロドロ血液』の状態、それが脂質異常症と言ってもよいでしょう。脂質異常症の怖いところは、『動脈硬化』を招くことです。

動脈硬化が心臓の血管で進行すれば『心筋梗塞』に、脳の血管で進行すると『脳梗塞』になり、命の危険も考えられます。また、脂質などを分解する酵素を分泌しているすい臓に障害が出て、『急性すい炎』になってしまう可能性もあるようです。

この脂質異常症の怖いところは、軽度の内は自覚症状がなく、健康診断時の血液検査で初めて指摘されてわかる場合も多いとか。しかも、自覚症状がないために特に重大と思わず、そのまま放置してしまうケースも少なくないそうです。

ですが、自覚症状がないだけに自己診断の方法もありませんから、健康診断や別の血液検査時に脂質異常症の可能性を指摘された時には、放置せずに早めに受診することが重要と思われます。

 

脂質異常症とは?病気の原因は?

では、脂質異常症の原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか?

脂質異常症とは、身体の隅々にコレステロールを運ぶ『悪玉』コレステロールが増え、逆にコレステロールを回収する『善玉』コレステロールが減ってしまっているために起こると言われています。

悪玉が多いということはコレステロールが溜まりやすく、善玉が少ないためコレステロールを十分に回収することができず、結果、コレステロールが溜まりやすくなってしまう訳です。

悪玉コレステロールが増える原因の多くは、普段の食生活にあるようです。

特に、肉や乳脂肪などの動物性脂肪や、卵(鶏卵・魚卵)やレバーなどコレステロールを多く含む食品を好む、食べ過ぎによる慢性的なカロリーオーバーなどが、原因の一つと考えられています。

更に、飲みすぎや甘いものの食べ過ぎ、特にアルコールの飲み過ぎは中性脂肪を増やしやすいので注意が必要です。

また、善玉コレステロールが減ってしまう原因としては、運動不足や肥満、喫煙などが指摘されています。食生活に気を付けて適度な運動を心がけることが大事なようです。

稀にですが『家族性高コレステロール血症』という遺伝的要因による場合もありますので、家族や近親者に脂質異常症の人が多い場合には、早めに受診すると安心ですね。

 

脂質異常症とは?食事療法で予防改善

さて、上に書いた通り『脂質異常症』は、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えることで起こるとのこと。

逆に言えば、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすことができれば、脂質異常症の改善や予防ができるということですね!

脂質異常症の予防改善のためには、食事療法が有効なんです。そこで、取り入れたい食材と、控えたい食材をご紹介したいと思います。

 

【積極的に取り入れたい食材】

  • 食物繊維
    キノコ類やイモ類、野菜などの食物繊維の多い食材は、コレステロールや中性脂肪の吸収を妨げる働きがあるとされていますし、よく噛んで食べるため、満腹感も得やすくなります。
    海藻やこんにゃくなどに含まれる『水溶性食物繊維』には、血液中のコレステロール値を下げる作用があるようです。

 

  • 植物性タンパク室
    大豆などに含まれる植物性タンパク質には、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるようです。
    大豆は、豆腐や納豆など、多くの食品に使われていますから、取り入れやすい食材ですね。

 

  • 不飽和脂肪酸
    動物性脂肪でも、サバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸(『EPA(イコサペンタエン酸)』『DHA(ドコサヘキサエン酸)』)には血液中の中性脂肪を減らしたり、血栓ができにくくしたりする働きがあるようです。
    また、オリーブオイルや菜種油などの食物油に含まれる『オレイン酸』には、善玉コレステロールを減らさずに、悪玉(LDL)コレステロールを減らす効果が期待できます。

 

【控えたい食材】

  • 飽和脂肪酸
    肉の脂身や皮、乳製品などの脂肪は、体内で固まりやすいと言われています。このため、血液の粘度を高くして血流を悪くし、悪玉コレステロールも増えてしまうようです。
    肉を食べる時には、脂身の少ない部位を選び、鶏肉の皮は食べないなどの工夫をすると良いですね。

 

  • コレステロール
    鶏卵、魚卵、レバーなど、コレステロールが多く含まれている食品を多く取ることで、コレステロールを摂り過ぎてしまうことになります。これらの食材を食べる時は、量に気を付けると良いですね。

 

  • 糖質
    種類の多い糖質の中でも、甘いお菓子に含まれる『ショ糖(砂糖)』や果物に含まれる『果糖』は、吸収が早く中性脂肪になりやすい性質があります。甘いお菓子や果物の食べ過ぎには気を付けましょう。
    積極的に取り入れたい食材、控えたい食材をご紹介しましたが、一番大事なのは、バランスの良い食事を心がけることです。肥満解消のための極端なダイエットは、逆に健康を損ねる原因になりかねません。

 

また、食生活以外にも、普段から軽い運動を心がけたり、アルコールを控えたり、たばこの本数を減らすのも効果があるようです。

普段の生活を見直すことで、『脂質異常症』の改善と予防を心がけてみてはいかがでしょうか?

 

まとめと感想

脂質異常症とは?病気の原因や自己診断の方法!食事療法で予防改善についてまとめてみましたが、どうでしたか?

血液がどろどろになってしまう『脂質異常症』は、動脈硬化などに繋がる可能性もある怖い病気です。

しかも軽度では、自覚症状もないため自己診断の方法もありませんから、健康診断時などに指摘された場合は、放置しないでなるべく早く診察を受けるのが良いようですね。

原因の多くは食生活や運動不足と言われています。そのことから、脂質異常症の予防や改善には食事療法が有効とのこと。

私も普段から気をつけている食事に関して、「積極に取り入れたい食材」、「控えたい食材」を書き出してみたので、参考にしていただけたらと思います。

健康な暮らしをおくるために、普段の食生活や運動に心がけたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。