『泣き歌の貴公子』として人気急上昇の歌手・林部智史さん。

林部さんの歌声って本当に素敵ですよね!筆者も真似をして、カラオケで歌ったりしています。

その林部さんが、歌手の命とも言える喉の為に愛飲している『ハチミツ大根』の作り方を教えてくれましたよ!

喉に良いと言われる『ハチミツ大根』ですが、保存方法や日持ちさせる方法についても調べてみました。

今回は、林部智史流『ハチミツ大根』の簡単レシピをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

ハチミツ大根の作り方!林部智史流簡単レシピ!

クリスタルボイスを持ち、『泣き歌の貴公子』と呼ばれている歌手の林部智史さん。

素敵な声で語りかけるような歌い方から、人気急上昇中!

2016年10月に東京銀座で行われたフリーライブでは、3000人が足を止め聞き入り、中には泣き出したファンもいたそうですよ。

現在、放送中の2017年1月期の連続ドラマ『就活家族 ~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日系、毎週木曜22:00~)の主題歌『晴れた日に、空を見上げて』で、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

歌声が魅力的な歌手である林部さんは、当然ながら、加湿器を複数台使用したりと日頃から喉をケアには気を遣われているようです。

そんな林部さんが、自ら手作りして愛飲しているというのが『ハチミツ大根』!

おばあちゃんの知恵袋レシピとしてよく聞きますが、『ハチミツ大根』は、本当に喉に効くのですよ!!

薬用のど飴や喉スプレーなどの便利なグッズもありますが、安心できる自然の材料だけで簡単に作れて喉に優しい『ハチミツ大根』はおすすめですよ!

さらに林部さんのレシピには、ちょっとした工夫もされているようです。

さっそく、林部智史流『ハチミツ大根』の簡単レシピをご紹介しますね!

林部智史流ハチミツ大根

 

【材料】

  • 大根:1/2本
  • ハチミツ:500g
  • レモン:1/2個(皮ごと使うのでできれば国産の物を。外国産の場合は、綺麗に洗って皮を剥きましょう)
  • 容器(大根の水分が出るので、1ℓ以上の物がよいでしょう)

 

【作り方】

  1. 大根を良く洗って、皮付きのまま1㎝程度の角切りにします。
  2. レモンは、水洗いした後で塩をつけて磨き、大根と同じくらいの大きさに角切りにします。
  3. 容器に①と②を入れ、上からはちみつを注ぎ、冷蔵庫で2時間以上寝かせます。
  4. ハチミツがさらさらしてきたら完成です!大根から水分が出て2倍くらいの量になります。

いかがですが?

実は、林部さんの『ハチミツ大根』には、レモンが入っているところが、普通とは違います。

ハチミツと大根だけのものは、ちょっとにが甘い感じがして大根臭もあって苦手…という人も多いのですが、レモンを加えることで、その大根の臭いが全く感じられず、『ハチミツレモン』のようなので、大根が苦手な人でも問題なく飲めますよ!

また、レモンを加えることで風邪に効くビタミンCも一緒に取ることができますね。

また、『ハチミツ大根』の良いとことは、完成までに時間がかからないこと。

朝起きて「なんだか喉の調子が悪い…」と感じたら、『ハチミツ大根』をすぐに仕込んでおきましょう。

10時の朝のおやつの時間までに出来上がって、喉を潤すことができますよ。

『ハチミツ大根』の摂り方は、汁の部分をそのままスプーンですくって飲んだり、お湯で割って飲むと良いでしょう。

冷たい炭酸水で割っても美味しいのですが、喉の痛みが風邪の初期症状なら身体を温めた方が効果的なので、ホットで飲むことをおすすめします!

林部さんの『ハチミツ大根』は、とても飲みやすいのですが、ゴクゴクと一気に飲んでしまわず、喉の不快に感じる部分をゆっくり通過させるように飲むと効果がありますよ。

ハチミツは、お好みのもので構いませんが、天然ハチミツ100%で加熱処理されていないものをお使いください。

癖が強く好みが分かれますが、殺菌力が強いというマヌカハニーを使うのも良いですね。

また、ハチミツにはボツリヌス菌が含まれている場合があるのです、1歳未満の乳児には、絶対に与えないでくださいね!

咳が出る、喉が痛い、いがらっぽい、違和感がある時には、林部智史流『ハチミツ大根』、ぜひお試してみてはいかがでしょうか?

ハチミツ大根の保存期間や日持ちさせる方法は?

さて、出来上がった『ハチミツ大根』は、保存期間はどのくらいなのでしょう?

『ハチミツ大根』は、残念ながらあまり日持ちしません。

冷蔵庫で保管し、できれば2~3日で飲み切るのが望ましいです。

それでも、少しでも長く美味しく飲みたい時の方法としては、大根とレモンを取り除いてしまうと良いですよ!

そのまま大根を入れておくと苦みや臭いが強くなってしまうことがあるのです。

ハチミツ(と大根の水分)だけになったものをいったん、茶こしなどで濾して別の容器に移し替えて冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間は変わりませんが、味が変わらず最後まで美味しくいただけますよ。

『ハチミツ大根』は、面倒でも必要に応じで少量ずつ作るとよいですね。

ハチミツ大根の大根をリメイクして酢漬けにする方法

『ハチミツ大根』から取り出した大根や、シロップを飲み切ってしまった大根は、水分が抜けて、しおしおとした状態になっていますが、そのまま捨ててしまうのももったいないですよね?

取り出した大根は、ハチミツのおかげでほんのり甘くなっていますが、そのまま食べてもあまり美味しくありません…。

そこで、この大根を使って酢漬けを作る方法をご紹介します!

作り方は、とても簡単です。

取り出した大根(レモンは除きます)を、器に移し、ひたひたより少ない程度のお酢を注ぎ、塩を加えて良く混ぜます。

ラップをして冷蔵庫で30分、お酢から取り出すと、『大根の甘酢漬けもどき』の完成です!

もっと簡単な方法が良い時には、取り出した大根にポン酢をまぶし、少し寝かせただけでも美味しくいただけます。

『ハチミツ大根』としての役目を果たした大根ですが、捨てるのに躊躇したときには、リメイクをお試しくださいね!

まとめと感想

ハチミツ大根の作り方!林部智史流簡単レシピ!保存期間や日持ちさせる方法についてまとめてみましたが、どうでしたか?

クリスタルボイスの持ち主、歌手の林部智史『ハチミツ大根』の作り方は、簡単なうえ、レモンも入って味も効果もばつぐんです!

また、日持ちしない『ハチミツ大根』の保存期間や少しでも長く美味しく飲める方法や、取り出した大根のリメイクなども参考にしていただけたらと思います。

安心の材料で手作りする『ハチミツ大根』、筆者の様にカラオケで林部さんの真似をして喉を痛めたり、咳が出たり喉が痛いときに試してみてくださいね!